敦盛草(アツモリソウ)  
  敦盛草(アツモリソウ)  
 
 
  前のページへ ギャラリ−1トップへ 次のページへ  
 
 
 
Flanklin's Lady's Slipper(フランクリンズ・レディース・スリッパー)/
敦盛草(アツモリソウ)の仲間
ラン科(Orchid Family) アツモリソウ属

「アツモリソウ」の仲間。
花の中の斑点は、日本のアツモリソウに無い特徴。

敦盛草(アツモリソウ)の由来は袋状で大きな唇弁を持つ花の姿を平敦盛が矢を避けるために背負っていた(母衣)に見立てたもの。なぜ平敦盛なのかというと,熊谷直実が背負ったほろにたとえたクマガイソウ(熊谷草)との対比。

また敦盛草(アツモリソウ)は1997年に「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(種の保存法、1992)」で「国内希少野生動植物種」に指定された。環境省レッドデータブックではIB類(EN)とされている。

撮影地カナディアンロッキー地区
 
 
 
 

ホームへニュースページへコンタクトページへプロフィールページへ
日本写真家協会会員